マンション大規模修繕工事業者は様々なサービスを扱う

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

10年に一回の工事です

工事

現状にあわせた修繕が重要

大規模修繕はマンションなどの建物において、10年に1回行われる工事です。大規模修繕は法律で定められた修繕であり、建物の耐久性を高めるために重要な位置づけです。また、マンションなどの建物の資産価値を落とさないまたは、維持するためにも大切な修繕です。10年も経過すると建物のクラックが発生したり、防水機能が損なわれるなど外観面でも機能面でも劣ってきます。今後何十年も住む建物であることから、その時にあわせた修繕を積み重ねることが求められるのです。住居者数が多いマンションの場合には、各部屋に設置されているベランダの状態も大きく異なります。これらをすべて把握したうえで、その時にあわせた大規模修繕を計画することが重要なのです。

建物維持には欠かせない

大規模修繕は10年ごとに必ず計画して行わなければならない修繕です。築年数が経過している建物の場合には5年程度で小規模な修繕を行う場合もありますが、建物全体の外壁などをすべてきれいにするのは大規模修繕時なのです。遠目でみるとわからない汚れや傷なども大規模修繕時に行うことで、建物の長期的な維持に役立てることができます。また、新築から最初の10年はそれほど修繕する箇所がなくても、20年、30年と経過することで、様々な箇所の劣化が目立ち始めるのです。近年では大規模修繕時に建物の耐震強度を高める工事を行うマンションも出てきています。その時のマンションの維持に必要な修繕や工事を行うのが大規模修繕なのです。