マンション大規模修繕工事業者は様々なサービスを扱う

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的な修繕が必要

マンション

資産価値を向上させる

マンションの大規模修繕工事は、おおむね10年周期で実施するのが最適であると云われています。マンションの階数や入居者数によっても異なりますが、大規模修繕にかかる費用は一戸当たりおおむね100万円前後であると云われています。しかしながら、東北地方や熊本地方で発生した大震災の影響から、建築資材の高騰や建築従事者の日当上昇などにより、大規模修繕にかかる費用は大きく増加しています。また、マンションは、専用部分と共用部分に区分されています。専用部分は自己で維持管理することになりますが、共用部分は入居者全員で維持管理する必要があります。外壁塗装、エレベータの交換、階段や廊下部分の修繕などがこれにあたります。定期的に共用部分を補修・修繕することで、マンションの資産価値を向上させることができます。

複数の工事を並行で実施

マンションの共用部分の修繕工事については、計画的に実施することでコストを削減することが可能です。マンションの大規模修繕工事で、最も費用を要するのは仮設の足場を必要とする外壁塗装工事と給排水設備の交換であると云われています。それから、外壁塗装工事の周期はおおむね10年から12年であるとされ、給排水設備工事の周期は20年から30年であるとされています。仮設の足場を組むには多額の費用がかかりますが、外壁塗装工事のほかに、防水工事やバルコニーや手摺や階段等の補修工事を同時に実施することでコストを削減することができます。複数の工事を計画的に同時期に実施することで、施工管理費用や工事の附帯費用を削減することが可能となります。また、大規模修繕に要する費用は多額となるため、入居者全員で修繕積立金を計画的に積み立てるなど、大規模修繕にかかる費用を確保する必要があります。