マンション大規模修繕工事業者は様々なサービスを扱う

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

10年に一回の工事です

大規模修繕は10年に一回行う建物の修繕です。その時の劣化などに合わせて計画を行い工事をすることで、建物の維持に役立てることができるのです。大規模修繕は建物維持には欠かせないものであり、築年数が経過すると修繕箇所が増加します。

上手に利益を回収するには

建物の中心となる構造部分にまで手を加えながら直す作業のことを大規模修繕と言います。東京のように流動的な地域でマンション経営をするなら、大規模修繕を通して資産価値を回復してみるのもありです。見た目が見違えるように綺麗になり、自然と問い合わせの数も増えます。

定期的な修繕が必要

マンションの大規模修繕の周期は、およそ10年であると云われています。そのため、近年の震災の影響から修繕にかかる費用は大きく増加しています。ですので、定期的な大規模修繕工事は、マンションの資産価値を増加させます。また、複数の修繕工事を計画的に同時期に実施することで、大規模修繕にかかる費用を削減することができます。

安全なマンション工事

集合住宅

工事業者の選定

マンションの居住者たちは、順番に管理組合の組合員となって、マンションの管理に関わるさまざまな決めごとや運営を行っていきます。中でも一番複雑で難しいのが大規模修繕工事に関わる業務ですが、マンションの資産価値を守るための重要な工事なので手を抜くことができません。管理組合や管理会社だけで行うのが心配な場合には、大規模修繕工事のコンサルティングサービスを行っている会社に依頼して、サポートしてもらう方法があります。コンサルティングサービスの中でも特徴的なのが、マンション大規模修繕工事業者の選定やマンション大規模修繕工事業者の監理などです。マンション大規模修繕工事業者を選定する際には、一部の工事業者との談合を防ぐために公募形式を採用しているので安心です。

工事業者の監理

また、マンション大規模修繕工事業者の監理では、実際に工事が始まってからの現場チェックを行います。コンサルティングサービスでは、第三者としての公正な目で厳しく監理をしてもらえるので、工事が手抜きのまま進んでしまうリスクもなく、適正な施工につながります。さらに、チェックした結果は管理組合に迅速に報告されるので、是正してほしいことや追加で行ってほしいことなどを工事が終わる前に決めることができ、スムーズです。管理組合の組合員には、専門的な知識もなく、細かく確認するような時間もないため、工事を厳正に監理することは難しく、コンサルティングサービスの人気は高まっています。マンションにとって必要な工事が正しく行われることで、費用の削減やマンションの質の向上が期待できます。